産業医に求められる社員の健康維持と社会的役割

産業医が抱える問題について

ストレスチェックの本格的開始の伴い、産業医の役割が高くなっており、多くの募集があります。それでも、社員の側からすれば肯定的面と否定的面があり、時には会社と社員の板ばさみになる場合もあります。メンタル的に不調になった場合、休職勧告を行うのは、社員本人にとっては必要なことです。但し、復職を希望した際に、産業医から許可が得られなければ、復職できないわけです。その為、ドクターを逆恨みするケースもあるので、経験の少ない産業医の場合は悩みの種になることもあります。

産業医の立場について

産業医は労使間の問題を解決する専門家ではないので、その点は割り切る必要があると言えます。病気に対して、医学の専門化としてアドバイスをすることが基本的な立場なので、社員が健康的に働けるかどうかを、総合的に判断することが何よりも需要になるわけです。産業医の法律的な権限は大きく、事業主が残業禁止や就業制限などの勧告に従わない場合は、罰せられることになります。それ故、産業医は、労使双方に対して一定の距離を保つ必要があり、会社の事情等に左右されてはならないと言えます。

産業医の役割について

産業医の役割は、ボクシングのリングドクターと似ており、社員を治療することではなく、仕事という試合を続けられるか判断することにあります。それ故、選手である社員の体調に気を配ることが大事で、観察力が求められるわけです。そして、必要があればドクターストップを躊躇なく行うことが必要で、的確な判断力も求められると言えます。企業の中には、精神的問題を抱えた社員に対して、一方的に復職を認めないケースもあります。但し、医師の判断で、社員の復職が可能と分かれば、会社を説得する役割も生じるわけです。

産業医の募集の現状を理解するにあたり、各地の民間企業の働き方をじっくりと見極めることがポイントとなります。