これからますます需要が高まる!介護の仕事について知ろう

介護の仕事はこれから需要が高まるってホントですか

介護保険制度が始まってから、介護分野で仕事をする人は大幅に増えました。けれども、高齢化はさらに進んでいるため、介護に携わる職員の需要はますます高まっています。今後、およそ250万人もの介護職員が必要になるというデータもあって、まだまだこの分野での働き手が不足しているというのが現状です。介護に関する仕事を希望する人自体も増えてはいますが、施設職員や在宅でのヘルプをする専門家の数は満たされていない状況です。

どんな介護の仕事がありますか

介護職の代表的な仕事は、介護福祉士です。介護福祉士は、介護制度を利用する人の身体の状態を正確に把握し、その人に合った介護の在り方を決定して対応します。また利用者が介護を適切に受けられるよう他の職種との連携も図りながら、実際に介護にあたる仕事です。介護の知識はもちろんのこと、介護に関する様々な技術を修得していなければなりません。以前と違い、現在では、介護福祉士の上のランクの職種として、認定介護福祉士というものもあるので、キャリアアップが図れるようになっています。

どのようにして介護福祉士になるのですか

介護福祉士になるには、国家試験を受けて合格しなければなりません。その国家試験を受けられる受験資格をどのようにして得るのかについてですが、これには幾つかのルートがあります。まず、一つ目は介護福祉士について専門に学べる学校に行くことです。専門の学校を卒業した時点で、介護福祉士の国家試験を受験できる資格が得られるので、試験に合格するように勉強するということです。もう一つの道は、介護職員初任者研修を受けて修了し、さらに実務経験を重ね実務者研修を修了して受験資格を得るルートです。いずれのルートでも、国家試験に合格することが必要です。

介護の求人を横浜で見つけることで、それぞれの介護の経験の長さや所有資格などに応じて、魅力ある職場を探すことが大事です。