子育てと仕事の両立は難しい!どう乗り越えるか

急な残業が多くては・・・

子どもにとって母親は精神的な意味合いでも、授乳など身体的な意味合いでも無くてはならない存在です。なので、子どもと母親の時間を自由に取れない仕事であればあるほど両立が難しくなります。例えば急な残業が多い仕事は迎えや授乳の時間などが大きく異なってくるので、子どもに負担をかけてしまいます。両立が難しく、会社側も配慮に欠けている場合は退職せざるを得ません。一番大切なのは、今しかない子どもとの時間であるということを忘れないでください。

大変な時期は正社員を避ける

妊娠や出産をすると社会から離れることになります。その後正社員として子育てしながら復帰することも可能ですが、会社側に理解が無かったりシングルマザーなど大変な状況であればパートなどで働くのも手です。生活的には正社員で働くよりも苦しくなりますが、シフトが決まっていて働きやすいので子育ての両立を考えるのであれば最適だと言えます。子どもはそのうち手のかかる機会が少なくなってくるので、その時を見計らって正社員復帰するという方法もあります。

仕事は外に出るだけではない

仕事を考えるとどうしても外へ出かけるという方向ですべてを考えがちですが、家の中でも稼ぐ手段はあるのです。内職もそうですがパソコンを使った副業も様々な種類があり、子どもを見ながら作業を行えるので安心です。副業だけで生計を立てるのは難しいですが、パート仕事と組み合わせることで余裕ができるので良い手段であることは間違いありません。いかがでしたか?子育てと仕事の両立は簡単ではないですが、色々な手段があるということを覚えておきたいです。

シングルマザーの仕事を探しているなら、求人サイトを有効に活用すべきです。自分が希望する職種を絞れば見つかりやすくなります。